2003年冬季限定

ボウリング日記

 

■ これまでのあゆみ
1月9日(木) Noviチームのリーグ開始(3人)。
2月3日(月) ボウリング大会への出場決定。
2月6日(木) Rochester組との合同練習会。
2月9日(日) 試合会場を下見兼試打。
2月15日(土) 「闇練」に出かける
(=暗闇でスパッツを見失わないために練習すること)
2月16日(日)  大会優勝!
2月17日〜 まだまだ修行は続く・・・
     
2月16日(日) ボウリング大会に出ました    
「せっかくハマってるんだから、ちょっと出てみようヨ」と軽い気持ちで申し込んだ、JBSDのボウリング大会。しかも、すっかり忘れていて締切日が過ぎてからあわてて申し込んだぐらいです。チーム名は、申し込みのFAXを書いてるそばで64のSTARFOXで遊んでる子供たちがいたので、ゲーム名から取りました。でもそれからの2週間は、足繁くボウリング場に通いました。よく行くNovi BowlとThunderbirdでは顔も覚えられちゃって、よくディスカウントしてもらいました。
アメリカのボウリング場は、週末になると、真っ暗でミラーボールが回って、音楽がガンガン流れます。ボウリング場って、夜間はお酒・煙草オッケーのパブ兼遊技場なのですね。ラウンジではカラオケもあったりします。蛍光剤に青白く光るライトで、ピンがぼうっと紫色に光ってとてもきれいです。光るので、"Glow Bowl"と言うみたいです。大会の前日、会場に電話して、「明日のJBSDの大会は、光るの?」と聞いたところ、"Yeah"。よっしゃ、ならば暗がりで投げる練習をせねば。スパッツは見えにくいし、音楽は耳をつんざくようにうるさいし、平日の午前中とは、A Whole Different Worldなんですから。わざわざ週末の混んでる時に練習に行きましたよ。まさに「闇練」。
   

ゲーム開始前の緊張した5人

「スペア命!!!」のステッカーを背中に貼った
   

当日は、「あ〜おはようございます!」って会場入りした私たちはヘンだったに違いない。上が黒、下が白でいでたちを統一し、全員マイボール&マイシューズでした。他の人たちはほとんど小さなお子さんを連れたりして、手ぶらっすよ。気合&気負いは十分、ゲーム前はかなり緊張しました。一緒に申し込んだ男性軍はお隣のレーンでした。

緊張感がいいほうに働いたのか、開けてみたら、1人目1投目からストライク!男性軍もスペアからスタート!ストライクとスペアが出るたびに、2レーンにまたがった9人で叫びまくりハイタッチしまくりで、興奮のるつぼと化しました。(隣のチームは、「何、あの人たち??」みたいな顔してみてたそうです。)私はストライクから始まって8フレ目までアキなしですよ!自分でこんなの見たことない。9フレ終わった時点でなんと130を越えていました。でも笑っちゃうのが、勢いづいた10フレ目の前に、8人からの「頑張れ!」「根性!」コールでプレッシャーに負け、1投目まさかのG!!おいおい。まだ2投目があるさ、しか〜しなんと4本しか取れず、けっきょく138で終わってしまいました。あ〜ぁ。お願いだから、私を静かに見守っててほしかった・・・。ほんとプレッシャーに弱いんだから。

優勝の決め手は1000点のボーダーを越えるか超えないかにありました。2ゲーム分の上位3人の合計で争います。女性の1ゲーム35点のハンディは大きい。私たちは1073点でした。う〜ん、微妙です。提出しに行ったH氏によると、「すでにスコアを提出したチームの紙はとっととしまってあって、他のチームの点数が分からない・・・」。タイミングよく、「え〜かなりの接戦になっておりまして、集計にいましばらく時間が・・・」というアナウンス。おいおい。出てきたピザなんてのどに通りません。

とうとう待ちに待った結果発表の時がやってきました。下のほうの飛び賞から発表されていきます。「チーム名だけじゃなくて、点数も発表してほしいよね〜!」と心配のあまりババくさく文句を言ってしまう私たち。「優勝しちゃったら前に出るから、お化粧しなおさないと・・・」「もう前のほうに行っとく?」(私たちは一番奥のレーンだったので。)「前のほうに行って呼ばれなかったらメチャかっこ悪いよ!」もう興奮して誰に話すでもなく勝手に口を動かしてるっていう感じでした。

「いよいよ上位3位の発表です!」のアナウンス。
みてください、この緊張した面持ち。
そして3位のチームと点数が発表されました。900点台。

「よしっ!」。それがこの次のこれ→。
そして2位の発表が続き・・・

とうとう、優勝者の発表!きゃ〜っ快挙です。まじ〜!?信じられません!私は嬉しさのあまり涙を出して喜びました。トロフィーをもらうのは、この上ない喜びです。まさかとは思っていたけど、ほんとに嬉しかったです。

優勝決定の瞬間! 記念写真
     
いやぁ、優勝してよかった、してなかったら、あの1ゲーム目の10フレのことがけっこう悔やまれてたと思います。
そしてこう思いました。これからもボウリングガンバろっと
★☆
 

ひみつスコアのページへ

オマケ:「命」ステッカー発売中(ウソ)


「過去の企画」に戻る