サンフランシスコ ゴルフプチ旅行

30周年JBSD新年会

週末に行って来ちゃいました、Spyglass Hill GCへ。
そしてレッドアイフライトでとんぼ返りして翌日のデトロイトでの新年会へ。
完璧なはずだったこのスケジュール、とんでもないハプニングが起こり、
一転、ドラマチックな週末となりました。
長い日記ですけどご紹介します。まずは写真から。

1月25日(土) Spyglass Hill GC, Pebble Beach, CA
 
#1 2打目地点。
眼下に雄大な海が広がります。
  #3 ショートホール。
さざなみがすぐそこに見えます。
 
同じく#3
太平洋はやっぱりすごい迫力でした。
  悩まされたのがこの見たこともない植物。
ゴムのように弾力がある。
サボテンの一種だそうです。
 

鹿さん発見!カートが近づいても
警戒はしますが逃げません。

 

ほら、写真を撮ってもそっぽをむいたまま。

   

分かりにくいですが、
乗馬でお散歩する人があちこちに。
優雅なものです。

   

 

・・・・それは、金曜日から始まりました。

1月24日 金曜日:

8:30− アナーバーへ向けて家を出発。今日はあたたかい!と思ったら23度(華氏)。昨日は9度だったから、どうりで。
9:00− Bruce Brownleeさんと、日曜日のJBSD(デトロイト日本商工会)の新年会の打ち合わせ。秘書の人や、受付の女性と、「今日はあったかいわね〜」とご挨拶(笑)。デトロイトでは、23度であったかいんですよ、ほんと。
11:30− SouthfieldのJBSDの事務局へ。新年会スタッフの方々との打ち合わせ。お昼は武蔵のとんかつ定食。
16:30− 途中で抜け出し、帰宅。打ち合わせの結果を猛ダッシュでPCに打ち込み、プリントアウト。
17:30− 迎えに来た夫と、空港へ。サンフランシスコへGO!
22:30− サンフランシスコパークホテルにやっと到着。しかし、ここで寝てはいられない。
23:00− 日曜日に備えて、お風呂で顔パック・・・他、ここでは公表できない諸々の体のグルーミング。
   

1月25日 土曜日:

1:00−

グルーミング終わって就寝。ちなみにサンフランシスコの1:00は、デトロイトの4:00ですっ〜。
12:00− ペブルビーチリゾート内のSpyglass Hillでゴルフ。暑かった!半そで。体がよく回ります。しあわせ〜〜っ。タフなコースでした。1番ホールから529ヤードのパー5。どのホールも距離があるし、グリーンは小さくて回りにトラップがたくさんしかけてあるので、パーオンさせられる気がしません。途中で突然ドライバーが当たらなくなっちゃったけど、シャフトをFIRMに変えたらなぜか復活。ウェイトバランスが合ってたに違いない。しかし練習不足でかなりへたっぴ。1バーディ、3パー、5ダボそして3トリプル!!だからスコアは・・・お願い聞かないで
20:00− サンフランシスコ・ホテルニッコーのおすし屋さんへ。すんごくおいしかった〜〜〜。久しぶりにおいしいものを食べて涙が出てきました。デトロイトでは、絶対に口にできません。板さんに「デトロイトに来て〜」とお願いしておきました。ゴルフを招待すると言ったら、マジで来たがっていたような。お名前を聞いておけばよかった・・・。
22:20− SFOからレッドアイでデトロイトへGO!
5000マイル加算してファーストクラスにしておいたから、楽チン。
でも飛行機が小さくて、国際線に比べると前後のピッチがやたらと狭い。リクライニングが制限されていて、フットステップだって新幹線のグリーン車より小さい。隣が誰もいなくてまだよかった・・・。赤ワインを片手に、持ってきた書類を見ながら新年会の台本を書く。30分で終わって、小さい声で台本の読みあげ練習。
   

1月26日日曜日:

01:30− いきなり機長のアナウンスで起こされる。
「機械の故障により、デトロイトへは飛べません。ミネアポリスへ行きます。」
まじですか!!!なんでも、
Anti-freeze valvemalfunctionで、valveが開かないとのこと。雪の降るデトロイトへは行けないが、ミネアポリスでは降っていないのでミネアポリスへ着陸することに。えっどうなっちゃうわけ?日曜日の朝いちの便なんて、あるんだろうか。
新年会は12:00からです。会場はディアボーンの
Ritz Carltonです。衣装は家においてあります。
この格好ではどうか・・・と今着ている洋服をながめましたが、やっぱダメだ!総領事はじめエラいさんがたくさん集まる560人のパーティです。近くに住む友人に電話して、アパートのマネジメントに電話して、私のアパートのカギを開けてもらい、衣装を持ってホテルで落ち合えれば、飛行機が11時までに到着すれば間に合いそうです。
しまった!
ここで、携帯電話を確認したら、離陸前に電源を切るのを忘れていました。もう電池がないサインが出ています。こっちの携帯はほんとバカで、空高いところで圏外になっても電波を探しつづけるので、よりたくさん電池を消耗してしまい、何もしてないのに電池がなくなるのです。電池がほんとに死ぬ前に、あわててメモリーから夫の番号と友人の番号を紙に書き出しました。ちょうど着陸態勢に入ったところだったので、乗務員にしかられました。
アパートのマネジメントの電話番号を調べようと思ったところで、バッテリーが帰らぬ人に。

ミネアポリス/セントポール空港へ着いて、がやがやとみんなが棚から荷物を降ろし始める。
そこでアナウンス。「テクニシャンがいま、故障を直せるかどうか確認中です。直せなかった場合、最悪のシナリオはこうです。6:55にデトロイト行きの便がありますので、それに皆さんの席が確保されています。」
その便で帰るとデトロイト到着時間は
9:35だと前のおじちゃんに教えてもらいました。だったら間に合う!これでちょっと安心。眠いんだか、頭がさえてるんだか、暗い機内でぐるぐると考えが巡ります。

5:35− 機内でまんじりともせず待つこと1時間半。
奇跡は起こった!!「直りましたのでこのままデトロイトへ飛びます。」
うっそ。珍しいこともあるものです。運が良かったのか悪かったのか、床に下ろした荷物を再度コンパートメントに戻し、ふたたび、デトロイトへGO!
8:15− デトロイト空港に無事到着。タクシーに飛び乗る!
9:00− 帰宅。大急ぎでシャワーを浴びて、衣装をかかえて、RitzへGO!!
10:40− Ritz到着。
11:50− 何食わぬ顔でステージへ。ブラウンリー氏にはこっそり打ち明けたけど、「徹夜したとは思えないで〜す。ヴァイたあ〜リティをお持ちですね〜」と言われました。あはは。パーティは楽しく終了。
16:30− 気が緩み、帰宅するなり睡魔の強襲。
   

1月27日 月曜日

6:00− 気が付いたらソファの上。う〜朝日がまぶしい・・・。
11:35- ベッドですっきりお目覚め。
どうやらソファからベッドへ移動したようデス。
しまった、スーパーボウルはどうなったのかしら。

 

パーティでいっこくさんと記念写真。
ちょっと役得??

 

あ〜スリリングで楽しい週末でした!
おしまい。